« 五感と記憶 | トップページ | ネガティブ日記 »

内側から感じる身体

行きつけのマッサージのお店でフットマッサージしてもらいました。月に一度の贅沢です。

アイマスクをして足をマッサージしてもらいながら、足の指やかかとを触れられながらぼんやり考え事です。

足の指というのは、普段明らかに手の指ほど使わないし、自分で触ったりもしない。ある意味、それほど意識していない部位なんです。

目隠しをして、つまり、感覚の一つをあえてシャットアウトして、触れられる。

ボディーイメージとか、ボディーマッピングとかいう言葉で言われるところの自分の足の感覚。

それが、むくむく広がっていく心地よさにすっかりリフレッシュできました。

足は大きな大地なのかもしれません。

自分の身体というものを、知っているようでいて知らないという事実。

指一本一本を触れられることで、意識がはっきりしてくる。

触れられるという外的な刺激によってはっきりする、内的な感覚。

そこには微妙なタイムラグがあります。

例えば、外的に何の前触れも無く脚を曲げられる。

そうすると、動きの方向性を探ろうと一生懸命になっている自分がいる。

僕の足や膝はどこへ行こうとしているのか。

それを感じ取ろうとしているんです。

納得した上で動くことと、そうでないことの大きな違い。

でも、それを探る時の僕の頭の小宇宙では、足と膝は別個の存在で、暗い宇宙にポカンと浮かんでいるんです。

普段、僕たちはそんなに身体を意識することってないですよね。

|

« 五感と記憶 | トップページ | ネガティブ日記 »

ぼんやり日記」カテゴリの記事

コメント

え~?もしやH浦の例のお店ですか?(笑)
私、今日もお店で働いてたから、うちのお店にも寄ってって欲しかったな~。
ちょっと、男の子には入りづらい店ですが…

投稿: ちぇろ子 | 2007年3月 3日 (土) 23:58

そうです。H浦のお店です。(笑)
確かに入りにくそうです。
こっそり今度チャレンジしてみます…。

投稿: tkm | 2007年3月 4日 (日) 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五感と記憶 | トップページ | ネガティブ日記 »